弁護士
本橋 美智子

これまで500件以上の離婚調停や訴訟を手掛けてきました。
また、離婚の本の執筆を通じて、判例や実務の研究もしてきました。
このような経験を活かし、依頼者の気持ちを十分に受け止めて、依頼者にとって総合的に最も良い解決を目指して、努力してまいります。

経歴

  • 神奈川県立湘南高校卒業
  • 東北大学法学部卒業
  • 1979年4月
    弁護士登録 第一東京弁護士会所属

主な役職

  • 第一東京弁護士会司法修習指導
    委員長
  • 第一東京弁護士会成年後見対策
    協議会副委員長
  • 第一東京弁護士会人権擁護委員会
    委員長
  • 東京都介護保険審査会委員
  • 川崎市入札監視委員会委員

書籍、共同執筆など

  • 『男性のための離婚の法律相談』(学陽書房)
  • 『新版要約離婚判例』(学陽書房)
  • 『要約遺言判例100』(学陽書房)
  • 『要約相続判例109』(学陽書房)
  • 『家族を幸せにする遺言書のつくり方』(かんき出版)
  • 『高齢者の生活と法律』(分担執筆、第一東京弁護士会司法研究委員会編)
  • 『結婚・離婚110番』(共著、高橋書店)
  • 『要約 著作権判例212』(共著、学陽書房)

メディア出演

  • NHK総合2017.2.13
    『あさイチ』「親の恋愛・再婚」
    (出演)
  • 毎日新聞2017.4.27
    『どうすれば安全安心』
    (コメント)

弁護士
本橋 光一郎

離婚事件も相続事件もいずれも家族の問題です。
家族問題の解決は時間がかかることもありますが、依頼者が十分満足できるよう、解決しなければなりません。
これまで培った経験をもとに、1事件1事件を依頼者のために丁寧に取り組んで参ります。

経歴

  • 茨城県立水戸第一高校卒業
  • 東北大学法学部卒業
  • 1975年4月弁護士登録 東京弁護士会所属

主な役職

  • 東京簡易裁判所民事調停委員(現在)
  • 一般財団法人古賀政男音楽文化振興財団監事(現在)
  • 公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団評議員(現在)
  • 著作権法学会 会員(現在)
  • 東京弁護士会 遺言信託部 会員(現在)
  • 最高裁判所司法研修所付弁護士(民事弁護担当)
  • 東京弁護士会常議員
  • 東京都中央区文化・国際交流振興協会理事
  • 東京銀座ライオンズクラブ会長

書籍、共同執筆など

  • 『迷わずできる葬儀のあとの手続きのすべて』(監修、大泉書店)
  • 『要約 著作権判例212』
    (共著、学陽書房)
  • 『ガイドブック 教育現場の著作権』
    (監修、法学書院)
  • 『結婚・離婚110番』(共著、高橋書店)
  • 『相続百科』(監修)
  • 『民事手続法辞典』(執筆、ぎょうせい)
  • 『賃貸住居の法律Q&A』(執筆、住宅新報社)
  • 『問答式 土地建物担保の実務』
    (執筆、新日本法規出版)

メディア出演

  • 日本経済新聞2015.5.20
    『悩める相続 親の家業を子に継がせたい』(コメント)
  • 日本経済新聞2015.12.9
    『「争続」回避 カギは自宅・介護』(コメント)
  • 産経ニュース2016.6.3
    『【花押判決】要件緩和に向け議論続くも・・・署名のあり方まで踏み込まず』(コメント)
  • 週刊ポスト2016.7.29
    『不思議な「ハンコ利権」』
    (コメント)
  • 朝日新聞2016.9.1
    『遺言の「全文自筆」に緩和案』
    (コメント)
  • テレビ東京2016.10.19
    『ニュース・アンサー』「変わる遺産相続」(出演)
  • 朝日新聞2017.1.29
    『節税策の養子縁組 判断は』
    (コメント)
  • テレビ東京2017.1.31
    『ゆうがたサテライト』(出演)
  • 朝日新聞2017.2.1
    『節税策の養子 無効とせず』
    (コメント)

弁護士
下田 俊夫

離婚問題は、一般の方にとって比較的身近な争いですが、感情の問題や子どもの問題もあり、ひとたびもめてしまうと解決が難しくなります。
裁判例や裁判実務を踏まえながら、依頼者の権利や要望を最大限実現できるよう、全力を尽くしてまいります。

経歴

  • 神奈川県立柏陽高校卒業
  • 明治大学法学部卒業
  • 1998年4月 弁護士登録 東京弁護士会所属
    本橋総合法律事務所入所

書籍、共同執筆など

  • 『問答式 土地・建物担保の実務』(部分執筆、新日本法規出版)
  • 『ガイドブック 教育現場の著作権』
    (共著、法学書院)
  • 『企業法務判例ケーススタディ300【企業取引・知的財産権編】』
    (共著、きんざい)
  • 『賃貸住居の法律Q&A (5訂版)』
    (部分執筆、住宅新報社)

弁護士
篠田 大地

離婚を考えたとき、精神的につらいことも多いと思います。
一方で、感情にまかせて行動するわけにもいかず、今後の生活も考えて解決しなくてはいけません。
依頼者の不安を解消し、さらに安心して再スタートできるよう、依頼者に寄り添って、弁護したいと考えています。

経歴

  • 私立浅野高等学校卒業
  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
  • 東京大学法科大学院修了
  • 2008年12月 弁護士登録
    第一東京弁護士会所属 岩田合同法律事務所入所
  • 2013年6月 本橋総合法律事務所入所
    第一東京弁護士会 遺言信託法部会所属

書籍、共同執筆など

  • 『株主総会物語』(共著、商事法務、2012)
  • 『Q&A家事事件と銀行実務 成年後見・高齢者・相続・遺言・離婚・未成年』
    (共著、日本加除出版、2013)
  • 『Q&Aインターネットバンキング』
    (共著、きんざい、2014)
  • 『Q&Aで見る債権法改正と銀行実務への影響』
    (共著、ファイナンシャルコンプライアンス2010年2月号、3月号)
  • 『特集 オール・アバウト 地域金融機関の株主総会対策』
    (共著、金融法務事情19119号、2011)
  • 『預金者の死亡と相続実務』
    (共著、銀行実務2011年7月号)
  • 『特集インターネットバンキングにおける不正利用への対応不正利用防止のための対応策に係る諸問題』
    (共著、銀行実務2011年7月号)
  • 『オリンパス臨時株主総会:招集通知全記載』
    (共著、資料版商事法務339号、2012)
  • 『弁護士が解説する相続法改正‒ 相続法の課題と5つの改正ポイント』
    (the Finance、2016.6)
  • 『ひと目でわかる相続の流れと実務のポイント』
    (銀行実務2016年9月号)
  • 『相続預金の金融実務が変わる!判例変更の影響を弁護士が解説』
    (the Finance、2017.3)